二重まぶた作り方では成形する方法もありますが・・

二重まぶた作り方では、成形する方法もありますが、望ましいのは小顔で引き締めによって作りたいものです。肩こりだけでなく、頭痛、頭重、胃痛など眼精疲労による眼以外の障害(二次障害)を考えると、人間の体は「部分でなく全体で動いている」という事実に突き当たらざるをえません。

つまり、人間の体はすべてが連動しているのです。だからその対策としては部分を攻めるのではなく、全体を攻めなくてはならないことになります。だから、二重まぶた成形に頼ってはいけません。

すぐれた鍼灸師が、患部とはまるで関係のないところに鍼を打つのは「全体がつながっている」という東洋医学の思想を実践しているわけです。二重まぶた作り方でもそのように考えましょう。

二重まぶたを自分で簡単に安く作る方法がやっぱり望ましいです。