FXで決定的な要因となるのは「投機」

FXで決定的な要因となるのは、「貿易(モノ)」「資本移動(カネ)」とは別の「投機」です。

結局、この投機が「貿易」と「資本移動」、さらに「動向」と「政策」のどちらに注目するかがポイントになります。

これはその時期、どちらが経済全体に大きな影響を与えるか、為替、あるいは経済にたずさわる人たちが、経済をどのように読むかがポイントになります。短期的にはこのような、経済に対する見方がFX相場を左右する傾向が強いのです。

Mr.BrainのFXハイブリッド・トレード・マスタースクール

たとえば1980年代から90年代前半は日米の貿易戦争ということがポイントとなり、貿易に視点が集中しました。

つまり、日本の景気の拡大→日本の輸入増加→円売りの増加→円安いうパターン、つまりモノ・サービスを見て為替が短期的には動きました。

この逆の景気後退では、円高にアクセルがかかりました。

これに対して、95年以後はカネ、つまり金融面や金利に注目が集まっています。日本とアメリカの金利差、つまりカネの動きでFX市場が動く傾向があります。

景気の加熱と後退をコントロールしようとする両国の金融政策が、為替の動きに大きな影響を与えています。日本のカネ余りによる資金の動きが経済全体で注目されているからです。

これらは経済構造の変化がベースにありますが、投機筋のファッション(流行)という趣も感じられます。