生理の痛みを精神的にどうとらえるか

20代の未婚の女性も、いつかは赤ちゃんはほしいけれども、今はまだいらない・・そう思っていると生理が何となくうっとうしく感じられますよね。

働いていると会社のほかの人の目が気になったり、男性社員に何かいわれるのではないかと心配になったり、出張と重なるといやだという拒絶反応などから、生理があることがわずらわしくなるといったこともあると思います。

最近は雑誌などで月経前症候群について取りあげられることも多いので、「私、月経前症候群じゃないかと思うんです」と訴えて来られる患者さんもいるそうですが、そんなとき病院の先生は、「生理に対する拒否感があると生理痛がひどくなるのと同じように、月経前症候群も重く感じられるのかもしれないのよ」と答えているそうです。

生理 痛みhttp://beautyful-health.com/archives/701

また、頭痛や肩こりといった月経前症候群の症状を強く意識するあまり、生理の周期と関係なく頭痛や肩こりを訴える女性たちがいます。

これは月経前症候群ではなく、原因のわからない生理不順だと思うのですが、「私は月経前症候群からくる頭痛もちだから、肩がこるんだ」と、簡単に会社を休んでしまう。こんなふうに症状を大義名分にしてしまっていては、決して軽減できません。