口臭 チェックをして原因を追究しないと予防も的確にできません

医学的には、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)の深さが3mm以上だと歯周病と診断されます。

この溝が深ければ深いほど、歯垢などがたまりやすく、口臭や歯ぐきの腫れ、出血といった症状があらわれやすくなります。

もちろん、この歯周ポケットに入ってしまった菌や汚れは、歯科医院でケアしてもらう必要があります。また、自覚症状が出にくいので、半年に1回程度(一度、歯周病にかかって、治療して治った人の場合は3ヵ月に1回)、歯科医で健診をしてもらうのもよいでしょう。

しかし、実は歯周病予防に最も効果的なのは、毎日の食後の歯みがきを習慣にすることなのです。

口臭 チェックをして原因を追究しないと予防も的確にできませんね。口臭 原因が舌であったり歯周病であったり胃だったりするからです。

口臭 予防には、口の中の温度上昇・脱水・乾燥等は、舌苔の性状に変化を与えると言われています。新陳代謝は子供であっても必然、起こります。その為舌苔は、大人のみではなく子供にも付着します。

糸状乳頭の長さは、舌の前方は短く、奥のほうは長くなっていきますので、奥にいくほど汚れがたまりやすい構成になっています。

また、口臭 予防では舌苔の付着には、口の中の粘膜上皮の代謝や歯周病等が関与してきます。また、口に存在する細菌の種類等は個人によって異なり、これも舌苔形成に関わっています。