糖尿病 合併症になる前に治し方を学ぶ必要がある

糖尿病 合併症になる前に治し方を学ぶ必要があります。ストレス耐性が低下したことも、糖尿病の間接的な原因でしょうか。

動物はストレスを感じると、副腎髄質からカテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)が分泌されて血糖が増加し、ストレスに対応しようとします。糖尿病 治し方でもストレスを減らす工夫が必要です。

人間以外の勤物の時は、血糖をエネルギーにかえて、ストレスを避ける為に闘うか逃げるかという活動を起こしますが、人間は理性で抑えて闘いを回避し、たいていは我慢してしまいます。糖尿病 治し方には逆効果です。

闘いの為に用意された過剰な血糖は消費しているチャンスを失い、脂肪となって組織へ付着して害をなすようになるのです。

ストレス性の食欲促進(食事中毒)を生む・・ストレスで増加した血糖が使われず脂肪となり、糖尿病 合併症にいずれ進展するのです。